【競馬雑記】2015-2016POG回顧

 ブログ更新気づけば半年ぶり……(汗)。お久しぶりです!

 2016年ダービーはマカヒキが制し、2015-2016のPOGは幕を閉じました。マカヒキ、強かったですね。自分はサトノダイヤモンド本命だったので「ぐぬぬ……」でしたが(苦笑)。それでは、2015-2016POG回顧です!


■アルカサル
 ドリームジャーニー×アビラ(ロックオブジブラルタル)
 3戦2勝[2-0-0-1]

 兄ジェベルムーサがエルムSを勝ち、これからというところで戦線離脱。なんとなーく嫌な空気はあったんですが、それを吹き飛ばすようにデビュー2連勝! 特に水仙賞は圧巻の勝ちっぷりで、ダービー出走権を懸けた青葉賞も期待が高まりましたが……。結果は6番人気の10着。ダービー挑戦は夢と消えました(涙)。なにやら蹄に不安があったとかなんとか。力負けではなかったと信じたいところです。夏競馬で復帰するみたいなので、もう一度才能を示して、秋こそはクラシックの舞台へ駒を進めてほしいですね!

 この世代が初年度産駒となるドリームジャーニーですが、他にも皐月賞へ駒を進めたミライヘノツバサなどが出ており、可能性の一端は示しているように思います。が、全弟オルフェーヴルの産駒デビューも控えていることもあり、結果を出さないと厳しい立場に置かれてしまうことも十分ありえます。アルカサルには父のためにも、重賞勝ってほしいですね!



■オデュッセウス
 ファルブラヴ×ライツェント(スペシャルウィーク)
 8戦3勝[3-1-1-3]

 デビュー戦は後の朝日杯3着馬シャドウアプローチを完封。期間内に3勝を挙げる大活躍でしたが、地方交流重賞を使ってみたり、前哨戦(正確には違うけど)の橘Sを勝ちながらもNHKマイルCを使わなかったり、迷走していた感が強かったですね(汗)。負けたレースはほとんど敗因がはっきりしているし、戦績の数字以上の能力を示していたように思います。

 その後、函館SSへ進んだように、陣営はこの馬をスプリンターとして評価していたようですが、ここまで抑える競馬を教え込んできたこともあって、今度はスプリントの速い流れについていくのが精いっぱいの競馬になってしまっていました。マイル戦を使う気がないなら、デビュー当初のスピードを生かした競馬を無理に変える必要もなかったのになー……とちょっと思ってしまいました(汗)。まあ、差しが決まる馬場ならまた違うのかな? 今後の活躍に期待です! ファルブラヴ牡馬の意地を見せてほしい!



■レッドバルトーク
 ジャングルポケット×フサイチミニヨン(サンデーサイレンス)
 3戦0勝[0-0-0-3]

 一頓挫あって、デビューが遅れたのが響きました……。この世代のジャングルポケット産駒はなかなか好調だったんですが、結局クラシックには誰も出走できず……。期待してたんですがね(涙)。

 レッドバルトーク自身は、競馬をよくわかっていないというか……まっすぐ走らなかったり、いかにもヤンチャなジャングルポケット産駒といった風ですが、11→6→6→4と着順を徐々に上げてきており、初勝利はそう遠くなさそうです。北海道シリーズはジャングルポケット産駒の庭みたいなものだし、次こそはいけるはず! 頑張ってほしいですね! 願わくば菊花賞で見たい!



■ジョンブリアン
 ステイゴールド×シェンク(Zafonic)
 2戦0勝[0-0-0-2]

 デビュー戦は1番人気。期待は高かったはずですが、2戦して結果を出せず。こちらもデビューが遅れたのが痛かったですね(涙)。ちょっと末がズブい競馬が続いたので、血統から受ける切れ者な印象とは異なります。ステイゴールドの重い部分が強く出てるんですかね? 成長力はある血統だと思うので、なんとか巻き返してほしいと願うばかりです。



■シンハライト
 ディープインパクト×シンハリーズ(シングスピール)
 5戦4勝[4-1-0-0]

 王道路線を歩みながらこの戦績。ほぼパーフェクト! ハープスターが取り逃したオークスを勝ってくれました! 桜花賞のハナ差負けが悔やまれます。

 デビュー戦はあまり評価されなかったと記憶してるんですが、ラスト3Fが12.6-11.4-11.0の加速ラップを抜け出し快勝。予感はありました。しかし、これだけの成績を残しながらも、人気はイマイチな感が……。みんな大好きディープインパクト産駒なのになぁ……。やっぱ勝ち方(着差)が地味なのがいかんのでしょうか(汗)。

 秋は桜花賞馬ジュエラー、NHKマイルC&阪神JF馬メジャーエンブレムと再び激突することになりそうです。過去にも“3強”を形成した3歳牝馬はいましたが、ここまでハイレベルなケースは初めてかも? 秋が楽しみですね! 自分はもちろん、シンハライトが最優秀3歳牝馬のタイトルをゲットすることを願ってます!



 ということで、2015-2016POG回顧でした。9勝もしたのは過去最高で、自分でもビックリしています。ペーパーでも嬉しいものですね。2016-2017シーズンの指名馬についても、近いうちに書きたいと思います。それでは~♪



関連記事
スポンサーサイト



競馬 POG

4 Comments

akira  

No title

こんばんは~

少し現状は体が追いついてないかなって感じですね

7/7  函館競馬場
6日、7日は軽めの調整を行いました。「今開催でのデビューを目標に昨日追い切ろうとしたのですが、馬房から出した際に歩様が乱れてしまいました。時間が経っていくらかマシにはなったものの、右前脚に痛みが少しあるようで歩様も決して万全とは言えない状態です。ただ、腫れなどは見られませんし、レントゲン検査の結果も骨には異常なしとのことでした。まだ体も成長途上でしっかりとしておらず、調教で負荷をかけて疲れが出たのかもしれません。もうしばらくはしっかりと治療を行って様子を見ていきたいと思います」(橋田師)

これは先週ですが。

7/14  函館競馬場
13日は函館Wコースで追い切りました。14日は軽めの調整を行いました。「先週の追い切り後、歩様が乱れたためにケアを行っていたのですが、症状はすぐに回復したために週末にはもう15-15程度の時計を出すことができていました。そして昨日、ウッドコースで追い切りを行って5ハロン72秒4、ラスト1ハロン12秒4という時計をマークし、動きも良かったので問題ないだろうと思っていたのですが、上がり運動を終えて厩舎に戻った後、再び右前脚の歩様が乱れてしまいました。レントゲン、エコー検査を行ったのですが、以前と同じく骨など馬体には異常が見られません。ただ、歩くことはできているものの、脚を少し浮かし気味にするなど痛みはあるようなんです。このまま進めて何か起こってしまってからでは遅いですし、今のこの時期に無理をさせる必要はありません。ここは大事を取って一度放牧に出させていただき、まずはしっかりとケアを行いたいと思います。このようなことになってしまい申し訳ありません」(橋田師)近日中にNF空港へ放牧に出る予定です。

同じような感じになってしまってます、筋肉痛かな?と思うのですが、動きとしてもまずまず動けているので能力が無いってわけでは無いと思います。
ゆっくり成長を促してもらえればと思います。当初は函館最終を目標にしていたみたいですが。。。

16/7/13
(水) 助手
函館W・良 72.4 - 55.8 - 41.3 - 12.4 馬ナリ余力(4)


16/7/10
(日) 助手
函館W・良 60.4 - 43.8 - 14.9 馬ナリ余力(7)


16/7/3
(日) 助手
函館W・重 59.8 - 44.4 - 14.1
ハローユニコーン(新馬)馬ナリの内同入 馬ナリ余力(7)

16/6/29
(水) 助手
函館W・良 71.2 - 55.3 - 41.7 - 14.4
プラチナヴォイス(新馬)強目の内0.9秒遅れ 一杯に追う(6)

2016/07/14 (Thu) 20:50 | REPLY |   

時屋  

Re: No title

こんばんは~、akiraさん。

アトラーニ、一旦デビューはお預けですか……。
良い時計を出した直後に、というのがなんとも残念です。
故障というわけではないみたいですし、いいリフレッシュになってくれることを祈るばかりですね。
幸いにしてゲート試験は合格してますし、使おうと思えばいつでも使えますしね。

そういえば、先週のダンビュライトは強い競馬だったみたいですね。
ルーラーシップ産駒もまだまだ未知数な部分が大きいですが、こうして話題になる馬が出てきていることは心強いです。
アトラーニも戻ってきたら、今度こそは衝撃のデビューを飾ってほしいですね!
楽しみに待ってます!

2016/07/15 (Fri) 01:00 | REPLY |   

akira  

No title

こんにちは~

ルーラーシップ産駒のキングズラッシュが新馬戦快勝しましたね。放馬後でも勝てるとは中々の心肺能力です。
アトラーニもBMSクリスエスなんで期待できそうなんですけど、サンデーの血が入っていないのが少し引っかかりますけどね。
後はルーラーシップ産駒は恐らく距離は長めの方が良さそうですね。
アトラーニはひとまず空港牧場に帰場しました。

2016/07/24 (Sun) 15:00 | REPLY |   

時屋  

Re: No title

こんにちは~、akiraさん。

キングズラッシュ、なかなかお騒がせな競馬でしたが、強かったですね。
スタート遅れるのは遺伝なんでしょうか(苦笑)。

アトラーニのほうが母系は優秀だし、そこでサンデーの血を埋められればいいですね。
産駒全体がスタート遅いのなら、距離は長いほうが安心して見てられます(笑)。

まずは牧場で不安を一掃して、万全の状態で戻ってきてほしいですね。
アトラーニはどんなデビュー戦になるのか、楽しみに待ってます!

2016/07/24 (Sun) 15:37 | REPLY |   

Leave a comment