【競馬雑記】2017-2018POG指名馬

 今年もサラブレのPOGに参加です。今年は新種牡馬のラインナップが凄い!

 オルフェーヴル
 ロードカナロア
 エイシンフラッシュ
 エスポワールシチー
 ローズキングダム
 ロジユニヴァース
 ストロングリターン
 ノヴェリスト
 ヘニーヒューズ
 他

 これだけ大物が揃う年も珍しい。毎年、新種牡馬から1頭は指名したいと思っているのですが、例年以上に目移りしてしまいますね(汗)。結局、オルフェーヴル産駒を指名しましたが……好きな馬ばかりなので、POGに関係なく頑張ってほしいものです。

 ちなみに安田記念当日の2歳新馬はロードカナロア産駒のステルヴィオが快勝。ロードカナロアは幸先のよいスタートになりました。まだまだ始まったばかりとはいえ、ロードカナロア産駒は走りそうですね。ローズキングダム産駒も3着に頑張ってましたよ!

 とまあ、新種牡馬の紹介はこれくらいにして。指名馬の紹介へ参ります!



■シーリア(牝)

 キングカメハメハ×シーザリオ(スペシャルウィーク)

 写真で馬体を見て決めました。別に馬体を見るプロではないので、「これはいい馬だ!」なんて断言はできませんが(苦笑)。単純に好みの馬体だったというだけです。

 血統的にはエピファネイアの半妹。リオンディーズの全妹。超良血のお嬢様。3月生まれ。馬体重460kgくらい。角居厩舎。調教も順調で9月阪神デビュー目標。現時点では、ネガティブな要素が皆無な気がします。阪神JFからクラシックへ! 期待通りに運んでほしいですね。



■オハナ(牝)

 ディープインパクト×ハウオリ(キングカメハメハ)

 キロハナ、ハナレイムーンの全妹。懲りずにハウオリ産駒追っかけです。ノースフライト好きだから仕方ないね(苦笑)。兄姉は春クラシックに縁がありませんでしたが……今度こそは!

 現時点では、詳細はあまり出回っていないようですが、名前からして金子さんの持ち馬……なのかな? キロハナもハナレイムーンも前情報はあまり出回ってなかったから、そんなに心配する必要もなさそう。体質がそんなに強くない一族なのがPOG的にはネックなのですが、兄姉がキラリと見せた素質がこの馬で花開けば、クラシックタイトルに手が届いてもおかしくないと思います。名前的に桜花賞はピッタリ!?



■シンハラージャ(牡)

 オルフェーヴル×シンハリーズ(シングスピール)

 シンハライトの半弟。父がディープインパクトからオルフェーヴルに替わりました。兄姉は持ち込みのポロンナルワが未出走で引退した以外全て勝ち上がり。シンハライト以外にもアダムスピーク、リラヴァティが重賞勝ち。現3歳にもクラシック候補として話題を集めたミリッサがおり、血統的期待度はオルフェーヴル産駒の中でも最上の1頭だと思います。

 馬体のバランスも大変好みです。馬体重420kgくらいというのを見ると、ちょっと心配にもなりますが……。まあ、兄姉もそんなに大きくないから大丈夫でしょう。オルフェーヴル産駒には、やはり凱旋門賞に出走するような馬がね、出てきてほしいのですよ! この馬がそういう存在になってくれることを期待してます!



■ワールドビーター(牡)

 ジャングルポケット×エアラグーン(サンデーサイレンス)

 名前がカッコイイと思います。名前を見た瞬間に指名を決めました。なんか知らんけど厨二心をくすぐられます。

 全兄エアソミュール。中央競馬ではなかなか見ることができない二桁勝利を達成しながらも、ついぞG1出走が叶わなかった悲運の名馬エアソミュールの全弟です! 天皇賞馬スピルバーグを前哨戦の毎日王冠で下しながらも、肝心の天皇賞には出走しなかったエアソミュールの……! すみません。エアソミュールのことになると我を忘れます(白目)。

 近親にはエアシャカールやエアメサイアもいる“エア”ご用達の一族なんですが、この馬はオーナーが違うんですね。エアソミュールは気性が激しすぎてクラシックには手が届かなかった。弟は……? そろそろ、ジャングルポケット産駒指名馬が勝つところ見たい! 頼むよ!!!



■ウオッカの15(牡)

 フランケル×ウオッカ(タニノギムレット)

 ウオッカは好きだけど、産駒を指名したことはこれまでありませんでした。なんかウオッカは“みんなの馬”って感じが強くて、POGで指名するのは遠慮してしまうというか……。でも、父がフランケルなら……?

 ソウルスターリング(とミスエルテ)の大活躍で、瞬く間に種牡馬としてもその怪物ぶりを証明したフランケル。もちろん、兄姉の父シーザスターズも超一流で、怪物の領域に踏み込んだスーパースターだったんですが……。フランケルは怪物の代名詞として辞書に載せてもいいくらいの怪物中の怪物。しかも、距離適性もウオッカに近いし、日本でも産駒が結果を出している!

 ……結果、ミーハー魂を抑えきれませんでした。フランケル×ウオッカとか、絵に描いたようなロマン配合。なんっちゅーか、「ナリタブライアン×オグリキャップとか最強じゃん!?」って力説する中学生くらいに勢いのあるわかりやすいロマンがあると思うのです(わけわかめ)。ウオッカ産駒を指名するなら、ここかな? とか思った次第です。夢見せてほしいですね!



 ということで、2017-2018POG指名馬の紹介でした。今年は例年以上にミーハーな指名になってしまいましたが、楽しそうだからOKです(笑)。これからまた1年、楽しませてほしいものです。それでは~♪
関連記事
スポンサーサイト



競馬 ジャングルポケット POG

12 Comments

akira  

お久しぶりです。

最近仕事が忙しく中々書きこみも出来ずでした^^;

アトラーニは未勝利で引退しましたね・・・なかなか上手くいかなかったですね。もう少し早い時期にデビューできていれば結果も変わったかなと思います。
出資馬初の未勝利で少し凹みました(笑)
ただ、新馬戦連対率はまだ100%ですのでここだけは何としても死守したいですね。

ヴァントシルムと迷った末にこちらを選択したので少し後悔ですかね^^;ヴァンドシルムは中長距離で良さそうな感じの馬です。

ハープの娘ですが 馬名も決まりデビューへ向けて順調に・・・行ってませんね^^;

因みに馬名はアストライアですね。良い名前だと思います。

5/15 NF早来
馬体重:414kg 
現在は週3日周回コースでキャンター2400m、週1日はウォーキングマシン、週2日は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本の調教を行っています。坂路の登坂日を増やすことで負荷を強めていますが、堪えた様子は見られません。調教を積み重ねることで背中から伝わる乗り味は徐々にしっかりとしたものに変わってきており、ゆっくりではあるもののいい成長を遂げていることが感じられます。まだまだ上積みを期待できる分、今後の変わり身は楽しみで、うまく素質を開花できるよう努めていきます。

5/18 NF早来
この中間、運動中に放馬してしまい、その際に右肩に外傷を負ってしまいました。傷口を縫合する必要はありましたが、大きなダメージは無く、動かすことはできており、現在は曳き運動を行っています。今後はケアを施すことで回復を促し、乗り運動の再開に繋げていきます。

5/31 NF早来
現在はウォーキングマシンでの運動を行っています。傷口が肩の可動部の箇所であったため、ケアには時間をかけて経過を観察してきましたが、順調な回復を見せたことで本日抜糸を行っています。抜糸を行ったばかりですのでもうしばらくはマシン運動のみに控えて状態のチェックにあたっていきますが、馬には気にしている素振りは見られず落ち着いています。

6/15 NF早来
馬体重:431kg 
現在はウォーキングマシンでの運動を行っています。抜糸後もケアを継続しており現状で大きな問題はありませんが、身体を大きく使って動いてしまうと傷口が再度開いてしまう恐れがあるため、今は慎重に調整を行っているところです。様子を見ながらトレッドミルで軽めの運動を取り入れている日もありますが、今後も焦ることなく一つずつステップアップを図り、騎乗運動の再開を目指していきたいと思います。

6/29 NF早来
現在はウォーキングマシンでの運動を行っています。右肩の外傷は心配の要らないレベルまで回復しましたが、休養を挟んだぶん動きにはまだ少し硬さを感じさせるところもありますので、マシン運動でじっくり動かすようにしています。良い乗り味をしているので、早く跨って調教を進めていきたいという気持ちはありますが、今は無理をせず馬本位に調整していく方針です。本質的にもこれから良さが出てくる馬だと思いますので、焦らずにじっくり取り組んでいきます。


7/13 NF早来
馬体重:453kg 
現在はウォーキングマシンでの運動を行っています。この中間、馬房内でぶつけてしまったのか、右トモに血腫ができてしまったため治療を施しています。ウォーキングマシンやトレッドミルで軽めの運動をする分には問題ありませんが、速めのペースで動かすと影響が出てくる恐れがありますので、まずはケアを優先して行っています。もどかしさはありますが、快方へ向かうことを最優先に焦らず接していきます。

馬体重が大分増えてきたのでそこは良しとしておかなければいけないんでしょうが最近は頓挫が多いですね。
今は基礎体力作りだと割り切ってみています(笑)

2018/07/22 (Sun) 09:32 | REPLY |   

時屋  

Re: タイトルなし

お久しぶりです~、akiraさん。

自分もブログ更新が完全に止まってしまっていて、反省しきりです(汗)。

アトラーニはやはり順調さを欠いてしまったのが一番でしたね。
素質そのものはあったと思うだけに残念です……。
ヴァントシルムは数使えてませんが、なかなかの成績ですね。
さすがお目が高い!

アストライアは血統からも大注目の1頭になると思いますが、順調さを欠いてしまっているんですね。
ハープスターは「え?もう?」ってくらい早いデビューで、あっさりクラシックの権利も取ってしまいましたが……。
今思い返しても、とんでもない馬でしたね(汗)。

もし秋の東京開催でデビューなんてことになったら、ぜひ応援に足を運んでみたいです。
でも栗東だし、やっぱり阪神か京都でしょうか。
阪神JF間に合うなら、リベンジしてほしいな~、とかいろいろと期待は膨らみますが、まずは無事にデビューまでたどり着いてほしいですね。
あの鬼脚を受け継いでることを願っています~!

2018/07/22 (Sun) 16:56 | REPLY |   

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2018/09/29 (Sat) 19:36 | REPLY |   

時屋  

Re: タイトルなし

こんばんは~、akiraさん。

アストライア、このままデビューまで無事にいってほしいですね!
ハープスターはデビュー前はうるさそうな感じだったのに、デビューしてからは本当におっとりしてましたからね(笑)。
あれだけどっしりしてる馬はなかなかいない感じですが、アストライアもいいところは受け継いでいてほしいですね!
脚質は……もうちょっと前で競馬してくれてもいいですが(苦笑)。
楽しみな逸材には間違いないですし、デビュー楽しみに待ってます~!

2018/09/29 (Sat) 23:53 | REPLY |   

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2018/10/17 (Wed) 18:53 | REPLY |   

時屋  

Re: タイトルなし

おはようございます~、akiraさん。

アストライア、無事の入厩なによりです。
コメントだけ拝見してると、オンオフがはっきりしそうなタイプですね(笑)。
年内に勝ち上がればローテが楽になりそうなだけに、なんとか年内の出走を……!と思います。
まずはゲート試験ですね。
暮れの阪神開催で見られるよう、楽しみながら経過を見守らせていただきます!

2018/10/18 (Thu) 08:23 | REPLY |   

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2019/01/12 (Sat) 14:50 | REPLY |   

時屋  

Re: タイトルなし

お久しぶりです、akiraさん。

いよいよデビューですね!
血統的にクラシックを期待する会員の方も多そうなので、使わざるを得ない感じはしますね(汗)。
厩舎のコメントからも察してくれという雰囲気が……(苦笑)。

とはいえ、ここで勝てば桜花賞に間に合う可能性も出てくるので、やっぱり期待はしてしまいます。
ここ数年の凱旋門賞の日本馬の不振で、あらためてハープスターが評価されてる気もします。
あれだけの脚を使えたのは他だとオルフェーヴルくらいでしょう。
母としても成功して、潜在能力の高さを改めて示してほしいですね!
14日の6R、楽しみにしています~!

2019/01/12 (Sat) 15:09 | REPLY |   

akira  

お久しぶりです。
アストライアですがデビュー戦は不甲斐ないレースでしたが2戦目でようやく競馬が少し分かってきたかなという感じですね。
最後はあまり無理をさせず差のない5着なら十分でしょう。

19/5/22  池添学厩舎
22日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は上位馬もなかなか止まりませんでしたが、この馬自身も最後までよく脚を使ってくれていました。ブリンカー着用の効果もあったのでしょうし、速い時計の決着にも対応できたのは収穫でしたね。レース後は曳き運動で様子を見ているところですが、目立った疲れこそ見せていないものの、少しソエを気にしている様子です。もともとテンションの上がりやすい馬ということもありますし、無理をせず短期間でも放牧に出させていただくことにしました。向こうでの状態で問題がなければ優先権を行使できる範囲内での出走を目指していくつもりです」(池添学師)23日にNFしがらきへ放牧に出る予定です。
19/5/19  池添学厩舎
19日の京都競馬では道中は中団のインコースで脚を溜める。直線に向いてからはジリジリと脚を伸ばして5着。「非力でまだ成長途上ですし、馬の間を気にする面も見られたのですが、馬自身はちゃんと反応しようとはしており、メンタル面はしっかりしていると感じました。あとはフィジカル面ですね。骨格を見ても体はもう20キロくらいあってもおかしくないですし、特にトモがもっとパンとしてくれば長い距離でもこなせるようになると思います」(アヴドゥラ騎手)間隔を取って立て直した効果もあり、初戦に比べてもいい体つきで出走させることができました。速い時計の決着となる中でも最後までしぶとく脚を使っていましたし、馬は確実に良化が見られますから、次走でさらに前進を図ることができればと思います。この後は心身の状態をよくチェックしてから検討していきます。

まあデビュー戦と比べれば雲泥の差でしたのでホッとしました。
時計勝負になってましたが対応できたのも収穫ですね。
あとはもう少しパワーが欲しいですね。
ハープスターはパワフルな感じでしたが、この馬は華奢なので飼い葉食いが良くないそうです。
後は気性面でも落ち着きがないみたいで中々苦労しているみたいですね。
ただ、ブリンカー効果がかなりあったのかレースも大幅に前進したので順調に行けば勝ち上がりはできそうですね。
ブリンカー着用後
19/5/15
(水) 助手
栗東坂・良 53.2 - 39.0 - 25.6 - 12.5 馬ナリ余力
(-)

ブリンカー着用前
19/5/12
(日) 助手
栗東坂・良 58.1 - 42.2 - 27.5 - 13.5 馬ナリ余力
(-)
調教タイムでも顕著に出てますね(笑)

どちらかというとハープよりローズノーブルに雰囲気は近そうですね。
そうそう、ハープスターが待望の牡馬を産んだみたいですよ。


カナロアとの牡馬らしく少し小さく出てるみたいですね。
ただお値段が・・・恐らく1億2000万程度はしそうです(笑)

あとはローズノーブルの子供も今年デビューの2歳馬でカナロア産駒いてますね。
この馬最初ボーンシストになったんですけど、経過良好だったようで募集再開したんですが、募集開始1分で売り切れたようです・・・
当然買えずでした(笑)
去年はエピファネイアの牡馬が生まれたみたいなのでそれは買う予定です♪
2800万位なら良いんですがどうですかね(笑)

2019/05/27 (Mon) 00:18 | REPLY |   

時屋  

Re: タイトルなし

お久しぶりです、akiraさん。

アストライアの2戦目はようやく形になってきた感じでしたね。
初戦は無理してでも使わざるを得なかったってところなんでしょうか。
まだまだ課題は山盛りな感じですが、それでもそれなりに恰好をつけてくれたので、次こそは期待したいですね!

ロードカナロアとハープスターの子供……ロードカナロアがアーモンドアイやサートゥルナーリアを出して成功している中での配合ですし、人気もお値段もやばそうですね(苦笑)。

ローズノーブルもロードカナロア。サンデー系にはとりあえずロードカナロアみたいな感じになってきてますかね。
エピファネイアとの子供はがっしりしたところがローズノーブルの華奢なところと上手くかみ合えば面白そうです。
母は馬体の維持に苦労しましたしね(苦笑)。
期待したいです!

2019/06/03 (Mon) 00:12 | REPLY |   

akira  

こんばんば~
アストライヤやはり厳しかったですね。
19/8/18  引退
18日の小倉競馬ではゲート内で落ち着かずスタートで大きく出遅れてしまい、最後方を追走。3コーナー手前から徐々に進出するが、直線は手ごたえがなく15着。「ややテンションは高めとはいえ、ゲート裏までは問題ない程度だったんです。それがゲートの中に入ったら急に立ち上がったりして、スタートで出遅れて、そこからは追走に一杯という形になってしまいました。前走の状態もよく見ていたのでそれよりテンションは落ち着いていると感じただけに、うまく力を出せず申し訳ありませんでした」(斎藤騎手)「落ち着くまでの時間を確保するために1日早めに移動してきたのですが、馬運車でもかなりテンションが高かったとのことでしたし、ゲート裏まで落ち着いていたとはいえ、パドックではやはりピリピリしていて、レースに向かうまでの消耗が大きかったように思います。これだけの血統馬を預けていただいていて、ここまで能力を発揮させることができなかったのは申し訳ないという言葉しかありません」(池添学師)ゲート内で落ち着かず大きく出遅れてしまい、追走で手一杯という内容になってしまいました。デビュー時からずっと精神面の難しさがつきまとい、ここまで素質を発揮することができなかったのは無念ではありますが、やはり今日の走りやこれまでのレース内容を踏まえると、未勝利戦の期間内によりよい結果を求めるのは厳しい状況です。このような状況から、池添学調教師と協議を行った結果、ここで現役続行を断念し、競走馬登録を抹消することになりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りたくお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。

なかなか。やはり競馬にならず厳しかったですね。
もう少しやりようもあったかとは思いますが仕方ないかとも思います。

話は変わってアストライアが引退したので、1頭いこうかなと。
ローズノーブルの18にいければなと思ってます。
兄も新馬勝ち上がってきましたし姉も未勝利勝ち上がってますし堅実な一族なので勝ち上がりも問題ないかなと思います。
値段も1口65000円なので牡馬にしては安いかと思うので問題ないでしょう。
あとはどれだけ馬体重が増えてくれるかですね。現状で400キロ全後ですので。

後はハープの弟も募集かかってましたが総額1億2000万なのでむりですね^^;。ただ馬体は確実に走りそうな馬体ですね。

2019/09/06 (Fri) 19:34 | REPLY |   

時屋  

Re: タイトルなし

こんばんは~、akiraさん。

アストライアについては、競争馬はやはり第一に順調さが必要なんだな、としみじみ思わされる結果になってしまいました。まず未勝利で終わる潜在能力ではなかったと思うだけに……。ハープスターからはそのうち大物が出てくると楽観はしていますが、やはり最初の一頭で期待が大きかっただけに残念です。弟は1億超え……うーむ、やはり高嶺の花ですね、この血統(汗)。

ローズノーブルについては、ひっそりとジュビリーヘッドをPOGで指名させていただいたのですが、いきなり勝ち上がってくれたので嬉しかったです! 姉もワークフォースの種牡馬成績が振るわない中でもきっちりと結果出してますし、ローズノーブルは繁殖牝馬として好スタートを決めてくれましたね。エピファネイアもまずまずのスタートを決めてますし、弟もいい感じにやってくれるのではないかと期待が持てます。

馬体重はもうこの血統の宿命なんでしょうか(苦笑)。でも結果は出してきてますしね。デビューまでやきもきしつつも期待していきましょう!

2019/09/07 (Sat) 02:01 | REPLY |   

Leave a comment